小さな美術館 軽井沢草花館の概要

Museum information

 小さな美術館軽井沢草花館(ちいさなびじゅつかん かるいざわくさばなかん)は軽井沢の草花を愛し、描き続けた画家・石川功一の個人美術館です。
 軽井沢に自生する草花スケッチ3000余点(950種)と油彩画百数十点を所蔵し、毎年さまざまなかたちで企画展を開催しています。
 石川功一は野山に咲く草花本来の姿を描き残すために、自らスケッチ道具を担いで軽井沢の山地へ出かけ、写真に収めたり、採取して持ち帰ることはせず、その場で草花のスケッチを完成させることにこだわりました。満70歳(2007年)で亡くなるまでに、25年の期間をかけて軽井沢全土を駆け巡り、数多くの作品を残していきました。石川功一のアトリエは、主に軽井沢の自然の中でした。

【6月13日(土)よりオープン 但し、火、水、木曜日は休館】

小さな美術館軽井沢草花館では新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、当初4月18日予定だった開館を延期しておりましたが、6月13日(土)より「感染拡大予防ガイドライン」に沿った必要な対策をとりながら営業を始めます。しばらくは「金、土、日、月曜日を開館日」、「火、水、木曜日を休館日」としますが、今後の状況によって対応を変えていきます。来館予定の方におかれましては、事前にホームページで開館日を確認していただきますようお願いします。
また、ガイドラインに従って手指消毒、館内の3密防止対策(人数制限含む)を行いますが、来館の皆さまにもマスクの着用をお願いします。
尚、5月25日にコロナ緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、政府からの段階的な自粛の緩和方針に基づいて、東京、埼玉県、千葉県、神奈川県、北海道からの来館は6月18日まで自粛いただきますよう、ご理解、ご協力をお願いいたします。(2020.5.27)。


6/13(土)より石川功一の水彩・油彩展「和歌に詠まれた草花たち」開催

美術館/Museum 石川功一略歴・作品/Koichi Ishikawa その他の情報/Goods
アクセス / Access Google Map 略歴・年譜 / Career summary オリジナル商品 / Postcard
展示案内/exhibition(5/27New) 草花スケッチ / Water color 改訂増補版軽井沢花だより
施設案内 館外&館内 / Indoor 草花油彩画 / Oil color 一花草クラブ案内 / members
ブログ「ゆうすげ日記」/ Blog その他作品 / Portrait, Other チラシダウンロード(約3.7MB)

掲載の記事・画像の無断使用を禁じます。すべての著作権は小さな美術館軽井沢草花館に帰属します

Copyright© 2000 - Petit Museum KARUIZAWA KUSABANAKAN. All Rights reserved.